新潟の日帰り温泉 宿泊「カーブドッチ ヴィネスパ」

温浴

泉質の紹介

泉質

地下1,200mの深さで石灰岩の層を発見。その周辺から集中的に湧出させ「重炭酸泉」という県内でもまれに見る泉質のお湯を獲得しました。重炭酸泉は人気が高く家庭風呂でも入浴剤として重炭酸泉がブームとなっています。このような泉質の温泉を掘り当てたのは幸運だったと言えます。色は気泡が混じる乳白色から深海の色に変わります。「るりの湯」と名付けました。

【湧出地】新潟市西蒲区越前浜字宮平(角田山山麓)
【湧出年月日】平成19年7月12日
【掘削深度】1,500m
【泉 温】51.8℃
【湧出量】毎分66.2リットル
【泉 質】ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉
(アルカリ性低張性高温泉)
【適応症】

《一般的適応症》
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり
うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期
疲労回復・健康増進

《泉質別適応症》
きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童
慢性婦人病・動脈硬化症

1.源泉名:角田山温泉第一号源泉

2.泉 質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉(アルカリ性低張性高温泉)

3.泉 温:源泉 51.8℃  使用位置 49.0℃

4.温泉の成分


試料1kg中の成分、分量及び組成
(イ)陽イオン ミリグラム ミリバル ミリバル% (ロ)陰イオン ミリグラム ミリバル ミリバル%
(mg) (mval) (mval%) (mg) (mval) (mval%)
水素イオン H+ - - - フッ素イオン F- 1.0 0.05 0.26
ナトリウムイオン Na+ 389.6 16.95 90.79 塩素イオン Cl- 216.0 6.09 31.36
カリウムイオン K+ 5.8 0.15 0.80 臭素イオン Br- 0.7 0.01 0.05
アンモニウムイオン NH4+ - - - ヨウ素イオン I- 0.9 0.01 0.05
マグネシウムイオン Mg2+ 1.7 0.14 0.75 硫化水素イオ HS- 0.0 - -
カルシウムイオン Ca2+ 24.8 1.24 6.64 チオ硫酸イオン S2O32- 1.1 0.02 0.10
アルミニウムイオン Al3+ 1.0 0.11 0.59 硫酸イオン SO42- 395.9 8.24 42.43
マンガンイオン Mn2+ 0.0 - - 水酸イオン OH- - - -
鉄(II)イオン Fe2+ 2.2 0.08 0.43 炭酸水素イオン HCO3- 288.6 4.73 24.36
鉄(III)イオン Fe3+ - - - 炭酸イオン CO32- 8.1 0.27 1.39
ストロンチウムイオン Sr2+ 0.2 0.00 -          
425.3 18.67 100 912.3 19.42 100
(ハ)遊離成分
非遊離成分 ミリグラム ミリモル  
(mg) (m mol)
メタ珪酸 H2SiO3 37.7 0.48
メタ硼酸 HBO2 3.7 0.08
41.4 0.56
溶存物質(ガス性のものを除く) 1379 mg/kg
溶存ガス成分 ミリグラム ミリモル  
(mg) (m mol)
遊離二酸化炭素 CO2 1.3 0.03
遊離硫化水素 H2S 0.0 -
1.3 0.03
成分総計 1380 mg/kg
(ニ)その他微量成分 総ヒ素(As)0.001mg/kg未満 (ホ)その他参考事項(試験室) 密度 (20℃/4℃) 0.9997
カドミウム(Cd)0.001mg/kg未満 pH値 8.5
鉛(Pb)0.01mg/kg未満 蒸発残留物 1281mg/kg(乾燥温度180℃)
総水銀(Hg)0.0005mg/kg未満 &nsbp; &nsbp;
総クロム(Cr)0.005mg/kg未満 &nsbp; &nsbp;

5.源泉ゆう出量:66.2l/min(動力揚湯)

6.知覚的試験結果:乳白色澄明、殆ど無味、無臭

7.温泉の分析年月日:平成19年7月12日

8.分析者:名称 財団法人新潟県環境分析センター 理事長 猪俣勝一
登録番号 新潟県(登)環企第4号


泉質

第一号源泉では湯量が少ないために、毎分150リットルを目標に第二号源泉を掘ることになりました。掘削費についても第一号源泉に比べて費用を圧縮することができました。そして平成20年3月に期待をはるかに上回る毎分418リットルという豊富な温泉を掘り当てました。泉温も48.9℃と高く、掘削の専門家によると、県内でも有数の大規模な泉脈が地下に眠っているということです。成分は微硫黄性の単純泉でお湯はトロリとしています。笹濁り色の温泉に「ひすいの湯」と名付けました。pH9.1のアルカリ泉でお肌ツルツルのいわゆる美肌の湯です。

【湧出地】新潟市西蒲区越前浜字大ヶ平(角田山山麓)
【湧出年月日】平成20年3月20日
【掘削深度】1,200m
【泉 温】48.9℃
【湧出量】毎分418リットル
【泉 質】単純泉
【適応症】

《一般的適応症》
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり
うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期
疲労回復・健康増進

《泉質別適応症》
特にありません。

1.源泉名:角田山温泉第二号源泉

2.泉 質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)

3.泉 温:源泉 48.9℃  使用位置 47.0℃

4.温泉の成分


試料1kg中の成分、分量及び組成
(イ)陽イオン ミリグラム ミリバル ミリバル% (ロ)陰イオン ミリグラム ミリバル ミリバル%
(mg) (mval) (mval%) (mg) (mval) (mval%)
水素イオン H+ - - - フッ素イオン F- 1.3 0.07 0.58
ナトリウムイオン Na+ 254.6 11.07 96.51 塩素イオン Cl- 133.6 3.77 31.08
カリウムイオン K+ 2.3 0.06 0.52 臭素イオン Br- 0.8 0.01 0.08
アンモニウムイオン NH4+ 0.7 0.04 0.35 ヨウ素イオン I- 0.0 - -
マグネシウムイオン Mg2+ 0.3 0.02 0.17 硫化水素イオン HS- 1.1 0.03 0.25
カルシウムイオン Ca2+ 4.1 0.20 1.74 チオ硫酸イオン S2O32- 0.4 0.01 0.08
アルミニウムイオン Al3+ 0.4 0.04 0.35 硫酸イオン SO42- 239.9 4.99 41.14
マンガンイオン Mn2+ 0.0 - - 水酸イオン OH- - - -
鉄(II)イオン Fe2+Fe3+ 1.2 0.04 0.35 炭酸水素イオン HCO3- 147.7 2.42 19.95
          炭酸イオン CO32- 24.6 0.82 6.76
          硝酸イオン &NO3- 0.6 0.01 0.08
263.6 11.47 100 550.0 12.13 100
(ハ)遊離成分
非遊離成分 ミリグラム ミリモル  
(mg) (m mol)
メタ珪酸 H2SiO3 47.1 0.6
メタ硼酸 HBO2 3.7 0.08
50.8 0.68
溶存物質(ガス性のものを除く) 864.4 mg/kg
溶存ガス成分 ミリグラム ミリモル  
(mg) (m mol)
遊離二酸化炭素 CO2 0.1 0.00
遊離硫化水素 H2S 0.0 -
1.3 0.03
成分総計 864.5 mg/kg
(ニ)その他微量成分 総ヒ素(As)0.001mg/kg未満 (ホ)その他参考事項(試験室) 密度 (20℃/4℃) 1.0006
カドミウム(Cd)0.001mg/kg未満 pH値 9.1
鉛(Pb)0.01mg/kg未満 蒸発残留物 831mg/kg(乾燥温度110℃)
総水銀(Hg)0.0005mg/kg未満 &nsbp; &nsbp;
総クロム(Cr)0.005mg/kg未満 &nsbp; &nsbp;

5.源泉ゆう出量:418l/min(動力揚湯)

6.知覚的試験結果:淡黄色澄明、微硫化水素臭、殆ど無味

7.温泉の分析年月日:平成20年4月21日

8.分析者:名称 財団法人新潟県環境分析センター 理事長 猪俣勝一


copyright © cave d'occi vinespa